その他サービス
  • 「外部の公開研修は、内容が一般論的なものが多い。自社に対応した、即効性の高い研修が必要だ」
  • 「対象者が数名しかいないため、外部の研修会社に依頼できない」
  • 「新たな研修を作りたいが、なかなか時間が作れない」
  • 「既存研修を実施するトレーナーはいるが、新たな研修を開発できる人財がいない」
このようなセンター様向けのサービスです。弊社の経験豊富なスタッフが、貴センター独自の研修を共同で開発致します。(貴社からの情報提供が必要不可欠です。
また、貴社の作業分担を増やすことで、予算に見合う支援を行うことも可能です。)



  • 「研修中の離職率が高いし、新人の仕上がりも良くないようだ。研修は丁寧にやっているようなのに、一体なぜだろうか・・・。」
  • 「新しい情報だけはアップデートしているが、立上げの混乱している中で作った研修マニュアルを、今でも使っている。今年こそ、キチンと作り直したい!」
  • 「テキストのページ数が毎年増え続け、今では膨大な量になってしまった。自宅に持ち帰っての復習ができない今、研修時間を増やすしか他に手はないのだろうか。」
一度、業務知識のない研修生の目線で、研修マニュアルを見直ししてみませんか?
研修開発のプロが、研修マニュアルの構成を再構築することで、研修生がより早く理解でき、
学んだ知識が実践で使いやすくなります。



  • 「スーパーバイザーには、一度だけ“モニタリングコーチング研修”を受講させたが、それっきり何もフォローをしていない。ちゃんとコーチングが行えているか心配だ。」
  • 「そもそも、“コーチング”を教えておらず、自身がコミュニケータだった頃にコーチングを受けた経験で、なんとなくコーチングをやってもらっている。これではマズイ!」
  • 「コーチングを定期的に行っているが、果たしてコーチングスキルはどれくらいあるのだろうか?」
ぜひ一度、スーパーバイザーのコーチングスキルの強み・弱みを把握し、
今後のスキル向上に役立てることをお勧めいたします。 



  • 「応対評価項目は、敬語などの言葉遣いに重点が置かれている。今どき時代遅れだろうか?」
  • 「センターが複数拠点にあり、それぞれ異なるモニタリングシートで運営をしているが、それらを統一して、全社レベルでの品質管理を行いたい」
  • 「モニタリングシートのマイナー改訂はしてきたものの、基本的には同じものを長年使っている。そろそろ変えたほうが良いのではないだろうか」
センターミッションによって、センターが求める「応対品質」は違います。
自己満足的な高品質ではなく、「お客様のためのサービス」を本当に提供できているか、
また、それを図る指標になっているか、ワークショップ形式で一緒に考えます。




モチベーションアップのための社内イベント/社内勉強会など、外部専門家を招いての講演会をご検討されている方は、一度ご相談ください。
テーマに合った専門家が対応いたします。


※勉強会等のファシリテーションや、社内電話コンクールの審査員も承ります。



自社のセンター運営を客観的に知ることは、貴社におけるコールセンター改善計画を立案する上で、非常に重要なプロセスです。
ご予算に合わせ、きめ細かい診断からプチ診断まで、ご要望に合わせて実施致します。



早急な改善を迫られているが、メンバーは現場を回すだけで精一杯、新たに人を採用する余裕も時間もない、という時に便利なサービスです。



株式会社ラーニングイットへのお問い合わせはこちらからどうぞ!


サブページ (1): //